日本最南端の沖縄県は、広大な海域に点在する大小160の島々からなります。亜熱帯海洋性の温暖な気候に恵まれたこの地は、美しいサンゴ礁をはじめさまざまな動植物が暮らす生態系の宝庫です。豊富な自然と独自の文化をたっぷりと堪能してください。

 

茨城空港からひとっ飛び!沖縄編

  • 夕方着でも楽しめる!初日から沖縄を満喫する方法

    夕方着でも楽しめる!初日から沖縄を満喫する方法

  • 首里城と泡盛の蔵元で感じる、沖縄と琉球王国の歴史と暮らし

    首里城と泡盛の蔵元で感じる、沖縄と琉球王国の歴史と暮らし

  • 海の先へまっすぐに伸びる橋を渡り、「恋の島」のハートロックへ

    海の先へまっすぐに伸びる橋を渡り、「恋の島」のハートロックへ

  • 「沖縄美ら海水族館」周辺一帯は極上のリラクシングエリア

    「沖縄美ら海水族館」周辺一帯は極上のリラクシングエリア

  • 恐怖の断崖絶壁から夕日の名所まで、本島西海岸絶景ドライブ

    恐怖の断崖絶壁から夕日の名所まで、本島西海岸絶景ドライブ

  • “静”と“動” 沖縄の魅力がいっぱいの南部エリア

    “静”と“動” 沖縄の魅力がいっぱいの南部エリア

  • 最終日、まだ帰りたくない!! 最後まで沖縄を満喫するならこちらへ!

    最終日、まだ帰りたくない!! 最後まで沖縄を満喫するならこちらへ!

那覇周辺のおもな観光スポット

 

首里城

首里の高台に建つ、いにしえの琉球王の居城。中国と日本の建築様式の中から沖縄の風土に合ったものをミックスした独自の琉球建築で、2000年12月に世界遺産に登録されました。

首里城

美ら海水族館

「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで、沖縄の海を体感できる世界最大級の水族館。巨大アクリルパネル越しに見るジンベエザメとマンタの複数飼育は圧巻です。

美ら海水族館

海洋博公園エメラルドビーチ

海洋博公園の北端に突き出した、Y字型のコーラルサンドのビーチ。言葉に出来ないほどの色彩を放つ鮮烈なコバルトブルーの大海原で、水質は”AA(もっとも良い)”と認められています。

海洋博公園エメラルドビーチ

万座毛

高さ20mの琉球石灰岩の断崖と、その上に広がる芝生の公園。象の鼻を連想させる隆起サンゴ礁がシンボルになっている景勝地で、眼下に広がる海は、透き通るほどの美しさです。

万座毛

おきなわワールド

沖縄の歴史・文化・自然を丸ごと体験できる沖縄の観光スポット。昔の沖縄の街並みを再現した「琉球王国城下町」では、伝統工芸の実演や体験教室などの楽しいイベントも開催されています。

おきなわワールド

東南植物楽園

南国でしか見ることのできない1300種類以上の植物や、さまざまな野生動物が生息するテーマパーク。豊かに広がる動植物の世界が描き出す癒しの楽園で、南国情緒をたっぷり味わえます。

東南植物楽園

ソーキそば

豚の肋骨のスペアリブ部分(ソーキ)を煮付けたものを具にした、沖縄そばの代表格。そばといっても麺に蕎麦粉は使われておらず、太めの中華麺をカツオやコンブの和風出汁で味わうのが特徴です。

ソーキそば

サーターアンダギー

表面ざくざく中はしっとりの、沖縄の伝統的なおやつ。素朴な甘さの揚げ菓子で「サーター」は砂糖、「アンダギー」は「アンダ(油)」+「アギー(揚げ)」で「揚げる」「揚げ物」を意味します。

サーターアンダギー

もっと足を伸ばして・・・

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

毎年1月から3月にかけて、沖縄の海で楽しめるホエールウォッチング。冬の間しか見られない雄大な姿と、大海原で繰り広げられるクジラたちのダイナミックなパフォーマンスは感動的です。

石垣島

石垣島

沖縄本島から南西410kmに位置する亜熱帯の島で、八重山諸島の中心部。一年中咲き誇る原色の花々やカラフルで美しいサンゴ礁など、昔ながらの琉球の自然に溢れた人気の観光地です。

宮古島

宮古島

池間大橋や来間大橋、東平安名崎などの景勝地や、ビーチをはじめとする美しい景色が楽しめる宮古島。マリンスポーツはもちろん、「宮古そば」や「宮古牛」などの特産グルメも堪能できます。

エリアマップ