_“静”と“動”-沖縄の魅力がいっぱいの南部エリア

茨城空港から那覇空港へ。沖縄本島の魅力をレポートしているこのシリーズ、今回は、さまざまな見どころが満載の南部エリアをご紹介します!

パワースポット「斎場御嶽(せーふぁうたき)」をゆく

かつて沖縄が琉球王国だった時代、その信仰の聖域として各地に御嶽(うたき)がつくられました。沖縄県南城市にある史跡「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、それら数多くあった御嶽の中でももっとも重要な聖地だったのです。琉球王国最高神職の即位儀礼が行われた聖地だったとされており、今では首里城らと同じく世界遺産に登録されています。

青々と生い茂る原生林のような中の小径をたどりながら「大庫理(うふぐーい)」「寄満(ゆいんち)」といった神秘的な空間を巡ります。中でも、2枚の岩が寄り添うように三角形の空間を形作っている「三庫理(さんぐーい)」はクライマックス。神秘的な空間をくぐり抜けると、その先には、国づくり神話の島「神の島」久高島を望むことができます。

沖縄、いや日本有数のパワースポット斎場御嶽、ぜひお見逃しなく!

画像をクリックすると拡大します

ニライ橋・カナイ橋に乗って風を切る、空を切る

沖縄南部きってのドライブスポットがこのニライ橋・カナイ橋。全長およそ1,200mの橋は森の木々の上に延びており、まさに空から海を見下ろすかのよう。途中でU字型に大きくカーブする形状も特徴的で、目の前でパノラマに広がる青い海を2度楽しめた気持ちになります。

ちなみに、山側がニライ橋、海側がカナイ橋だそうです。

山側まで登り切った上に展望台もありますので、写真の撮影はこちらからがおすすめですよ!

海に沿って大きくカーブするのが特徴

海に沿って大きくカーブするのが特徴

珍しい南向きのビーチと開放感あふれる海カフェ

次に行ってみたのは新原(みーばる)ビーチ。数少ない天然のビーチで、南向きというのも本島では珍しいのです。やはり透き通るようにきれいな海とサンゴや貝殻などが細かく砕けてできた白い砂浜はお見事。木陰には、地元のアンマーたちが集まって、海を眺めながらのんびり世間話をしていました。

この新原ビーチにある「食堂かりか」は、本格的なネパール料理が楽しめる人気の海カフェ。新原ビーチの砂浜の白いテントの下にある素朴なテーブルとベンチながら、雰囲気は満点。どこまでも澄んだ綺麗な海を見ながら冷たいドリンクを楽しむことができます。
ネパール人シェフの作るカレーも絶品だそうですので、次はぜひ食べてみたいと思いました。

画像をクリックすると拡大します

忘れてはいけない沖縄もある。平和祈念公園とひめゆりの塔

沖縄終戦の地である糸満市にある平和祈念公園。約40ヘクタールもある広大な公園内の中には、沖縄戦を経て犠牲者を悼み、平和を祈るさまざまな施設があります。資料館には、さまざまな資料が保存・展示されており、沖縄戦の悲惨な現実について知ることができます。

沖縄戦では、沖縄の人口のおよそ3分の1の方々が犠牲になったそうです。20万人以上の、そのすべての方の名前が刻まれている平和の礎(いしじ)には、70年という歳月を経た今でも、たくさんの花や供物が手向けられていました。

公園から一望できる海や空の青さに、それまでとは違う気持ちを抱くような、そんな気がしました。恒久平和を祈らずにはいられません。

そして、平和祈念公園から車で30分ほどの場所にあるひめゆりの塔。こちらも1945年の沖縄戦時に、従軍看護婦として動員されたひめゆり学徒隊219名の慰霊塔。追い詰められて集団で自決した濠がそのまま残されています。

平和記念公園とひめゆりの塔は、資料館は夕方5時で閉館ですが、それ以外は時間に関係なく無料で自由に見学することができます。

画像をクリックすると拡大します

 

さまざまな魅力と想いを感じた南部エリア

1429年から450年の長きにわたり栄華を誇った琉球王国。いにしえの人々のさまざまな想いが込められた斎場御嶽は、本島の中でも特に異彩を放つ雰囲気を感じました。
また沖縄戦から70年を経た今も残る悲しみを知り平和を祈ることも、沖縄の旅には無くてはならないことなのかもしれません。

一方で、きれいなビーチも多く、海カフェ・森カフェもたくさんあるのも魅力。まさに静と動の沖縄の魅力がいっぱいの南部エリアだったのでした。

茨城空港からの夏旅。今年は沖縄まで、いかがでしょうか!?

 

茨城-那覇線のフライト情報はこちら

沖縄エリアのツアー情報はこちら【フリープラン】

今回ご紹介したのは斎場御嶽・沖縄平和記念館