※2015年2月の取材記事のため、一部、現在の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

茨城空港からひとっ飛び札幌編

茨城から北海道・札幌への旅も、茨城空港の開港でとっても便利になりました。わざわざ羽田空港や成田空港まで行かなくてもすむなんて、時間や金銭的な問題はもちろんですが、なにより気持ちや体力的な部分でもとても楽ですよね。

その反面、ちょっと気がかりなのはフライト便数の少なさ。札幌へは現在、夜の1便のみ。羽田や成田と違って、このフライト時刻に合わせて行かなければなりません。

しかし、19:05という出発時刻なら、仕事帰りにフライトできる方も多いはず!金曜の夜便で出発し、日曜夜に帰ってくるという、札幌への週末旅でどこまで楽しめるのか、チャレンジしてきました!

その反面気がかりなのは、フライト便数の少なさ。札幌へは現在、昼夜それぞれ1便のみ。羽田や成田のように多くの中からは選べませんので、このフライト時刻に合わせて行かなければなりません。

しかし、ここで注目は夜の便。19:05という出発時刻なら、仕事帰りにフライトできる方も多いはず!金曜の夜便で出発し、日曜夜に帰ってくるという、札幌への週末旅でどこまで楽しめるのか、チャレンジしてきました!

夜の茨城空港

「着いたら眠るだけ」ではない夜のSAPPORO!

夜の茨城空港に到着

夜の茨城空港に到着

いつもより静かな雰囲気のターミナルビル

いつもより静かな雰囲気のターミナルビル

タラップで搭乗前にパチリ。茨城空港ならではの一枚

タラップで搭乗前にパチリ。茨城空港ならではの一枚

午後6時過ぎ、茨城空港に到着。取材した時期はまだ日が短く、あたりはすでに真っ暗です。夜7時5分、札幌まで85分間のナイトフライトへ離陸しました。夜便は、昼間よりも機内が静かな気もして、独特な雰囲気がありました。国道6号線を中心に、帰宅する車のライトが連なる陸の様子を眺めていると、あっというまに雲の上。そして定刻通り夜8時30分に新千歳空港に到着しました。

新千歳空港に到着

新千歳空港に到着

札幌へは15分間隔で快速が運行

札幌へは15分間隔で快速が運行

新千歳空港はものすごく広く、ここでもたっぷり楽しめるのですが、今日は急いで札幌へ移動します。15分おきに出発するJR「快速エアポート」号でおよそ40分で札幌駅に到着します。

北の都・札幌に到着!

北の都・札幌に到着!

札幌に着きました!時刻は夜9時30分過ぎ。この時間でも人も車も多く、街も賑わっています。ややひんやりと感じる空気が心地よいです。なにより、数時間前まで働いてたという日常からの解放感!「夜に札幌に行ったって、着いたら眠るだけになってしまう」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、この時間からも札幌の街を楽しんで、さらに明日は朝から行動できるというのが、この夜便のメリットなのです!

夜の方が素敵かも!?札幌市時計台

札幌市時計台

札幌市時計台
札幌市時計台

さて、札幌駅から歩くこと約10分。札幌といえば外せない観光スポット、札幌市時計台に到着です。よく観光ガイドなどで見る青空の下の時計台も素敵ですが、ライトアップされた夜の時計台もとても綺麗。夜の暗闇に浮かび上がる白い壁のコントラストが見事でした。

あのクラーク博士の構想に基づき、1878(明治11)年に建設されて以来、130年以上札幌の時を刻み続けている時計台。毎正時(00分ピッタリ)に鐘の音がなりますので、ちょうど夜10時の鐘の音を間近で聞くことができますよ!

SAPPOROグルメ、最初はジンギスカン!

きらびやかなすすきのエリア

きらびやかなすすきのエリア

 

さて、時計台からすすきの方面に歩きます。北海道を、いや日本を代表する歓楽街周辺には、夜遅くまで営業している飲食店も多いのです。

札幌はグルメの宝庫、食べたいものもたくさんありますが、まずはジンギスカンのお店に入ってみました。

ジンギスカン
ジンギスカン
ジンギスカン
ジンギスカン

ご存じの方も多いと思いますが、ジンギスカンというのは、羊の肉を中央が盛り上がっている鉄鍋で焼いて食べる料理で、北海道はその本場といわれています。ちなみに、ラムは仔羊、マトンは成長した羊の肉だそうです。

観光客の利用も多いのでしょう、お店の方がやさしく説明してくれますので、はじめてでも心配はいりません。思っていた以上に柔らかいお肉で食べやすく、ラムはタマネギと一緒に鉄鍋で、マトンとタンを炭火で焼いて美味しくいただきました!

ジンギスカンを堪能すると、時刻は夜10時30分を過ぎていました。ここで近くに予約してあるホテルにチェックイン…のはずだったのですが、気分が盛り上がってもう1軒はしごしてしまいました!!

さすがの味、SAPPOROの味噌ラーメン!

味噌ラーメン

旅というのは、胃袋を拡張させるものなのでしょうか。吸い込まれるように入ってしまったのは、札幌ラーメンのお店。こちらも札幌に来たら外せませんよね。この有名店の定番の味噌ラーメンは、濃厚で旨味の溶け込んだスープと中太のちぢれ麺が食感十分。さすがにおなかも気分も満腹になりました。


いかがですか。茨城空港からの夜便でも、初日でここまで楽しめるんですよ。ほぼ食べていただけのようにも感じますが(笑)、札幌の空気に触れる時間が身も心もリフレッシュしてくれる感覚は特別なもの。ぜひ体験していただきたいなと思いました。

夜も更け、眠りにつきます。週末旅、なんと2日目は札幌を飛び出して、旭川へ行く予定です!

sapporo-4