空の旅をもっと手軽に

茨城空港

文字サイズの変更:
日本 英語 中国語簡体字 中国語繁体字 韓国語

茨城-韓国(ソウル)のインバウンド連続チャーター便の運航が決定!

韓国に本社を置く旅行会社である旅行博士が,平成30年2月15日(木)から3月3日(土)までの約2週間,イースター航空の航空機を利用して韓国からのインバウンドツアーを実施することが決定しました。

茨城-ソウル間の連続チャーター便は,東日本大震災後,初めての運航となります。また,イースター航空は,茨城空港初乗り入れとなります。

 

茨城ー韓国(ソウル)チャーター便の概要

運航路線

茨城-ソウル(仁川国際空港)

運航期間

平成30年2月15日(木)~ 3月3日(土)

 

運航便数

週3便(火曜日・木曜日・土曜日) 計8往復(7ツアー)

使用機材

B737-800(183~189席,オールエコノミー)

運航ダイヤ

icon_flight2ソウル→茨城

出発時刻 到着時刻
14:35 16:35

icon_flight1茨城→ソウル

出発時刻 到着時刻
17:35 20:15

※このチャーター便は、航空会社による関係国政府の許可の取得が条件となります。

 

平成29年12月21日(木)、茨城県庁にてチャーター便運航発表記者会見が開かれました。
写真は、左側から、イースター航空韓国チーム 李東炫(イ・ドンヒョン)次長、
旅行博士日本営業チーム 黄教允(ファン・ギュヨン)本部長、大井川 和彦茨城県知事

 

 

旅行博士の概要

韓国の旅行会社

特徴

個人旅行者から大きな支持を得ている

訪日送客数

約34万人(平成28年度の実績数)

 

 

イースター航空の概要

韓国のLCC

設立

平成19年10月

保有機材

B737型機×19機

日本での路線

7都市(平成29年12月現在)

(成田,関西,新千歳,那覇,福岡,宮崎,鹿児島)

 

 

footer ページトップへ